幼保連携型認定こども園 同朋にこにこ園

教育・保育に関する考え

教育・保育理念

同朋福祉会創設者、江川義清の「人は大切、子は宝」の理念をもとに、乳幼児を保育する中で人間尊重と子ども第一主義を掲げ、乳幼児の最善の利益を追求し、積極的に福祉の増進を図る。

教育・保育方針

小人数という特性をいかし、一人一人の発達過程や心身の状態に応じたきめ細やかな保育に努めます。「子どももにこにこ、保護者もにこにこ、職員もにこにこ」をモットーに「朝預けてホッとする夕方迎えてホッとする」そんな心豊かな保育を目指します。そして、子どもたち、保護者、地域社会に安全、安心、利便性、豊かさの満足感を高め、子どもたちを取り囲む私たち大人も子どもたちを通して、成長していきます。

教育・保育目標
  • 「元気いっぱい遊ぶ子ども」
  • 「友だちいっぱいできる子ども」
  • 「あいさつきちんとできる子ども」
  • 「おうちのように安心でき、くつろいで楽しく過ごせる環境を作る」
  • 「一人一人の成長や発達に合わせて、丁寧に関わり、心身や情緒の安定を図る」
  • 「保護者と共に子どもの成長を喜び合う」
  • 「地域に開かれた園を目指す」